« カンボジア拾遺(コンビニと物価) | トップページ | 札幌の「南インド屋」でベジミールスとマサラドーサを食べる »

『Kahaani(女神は二度微笑む)』を札幌で観る

 4月25日より札幌公開。シアターキノさん、いつもありがとうございます。
 お休みになって、やっと観に行くことができた。
 客席が暗くなるや否や、泣いた。なぜなら、

  超満席だったから。

 それほど収容人数は多くなかったのだが、通路まで補助椅子が出て人がびっしり。インド映画が、こんなにぎっしりの劇場で一般公開されたのを初めて見た。
 よかった。ほんとうによかった。
 そして、これを劇場で初めてみる方が心から羨ましかった。
 公開されると思わず、DVDで観てしまっていたから(記事はこちら。ネタバレなし)。

 日本版予告編。

 日本語字幕は松岡環さん。名前が出て小さく拍手した。
 いつも書いていますが、日本語字幕で見られるってなんて幸せ。特に、歌の歌詞がちゃんとわかることがすばらしい。

 とりわけ、大アミターブ・バッチャンが歌っているこれ。
 パンフレット(当然買った)で知ったのだが、タゴールの詩で、ベンガルではみんなが知っている歌だとのこと(好きなプレイバックシンガーであるシュレヤ・ゴーシャルもこの映画の前に既に歌っている)。エンドタイトルにも出てくる。泣ける。
 大アミターブ・バッチャンは、ナレーションもやっていて。そのナレーションが出てくるや、心の中で大拍手。冒頭のspecial thanksで既に拍手してたけど。
 ナワーズには出てくるたびに小さく手を振ってしまう。ああかっこいい。
 ヴィディヤも、これは、カトリーナにもカリーナにもできない、ヴィディヤでなければできない役で、フィルムフェア・アワードはじめ主演女優賞を総なめにしたのも当然の演技であった。
 「ここでは名前が2つある」「名前で呼ぶことの意味」の使われ方もいい。ラナが一度だけヴィディヤを名前で呼ぶところとか、ラナがカーンと最後に別れるところとか。
 ドゥルガ神のお祭りや赤と白のサリーの使い方も。
 そして、スクリーンで観ると、これは紛れもなくコルカタの「街もの」映画であって、インドはどちらかというと南のほうが好きなんだけど、コルカタに行ってみたいなあと思う。ちなみに、デリーの「街もの」映画は『Delhi 6』、ムンバイの「街もの」映画はたくさんあるけど、個人的には『Life in a Metro』と『The Lunchbox(巡りあわせのお弁当)』だと思う。
 パンフレットによると、ハリウッドによるリメイクが決まっているらしいのだが、舞台がコルカタでなくなり、主演がヴィディヤでなくなったら、全く違う映画になってしまうのではないだろうか。別にいいんですけどね。それより、これもパンフレットにあった「『容疑者Xの献身』のインドリメイク」のほうが気になる。インドのリメイクはぜったい!元のより面白い(断言)から。
 この映画は二度目は見方が変わってしまうので(一度目は何気なく見ていたところが泣けたり)、今回初めて劇場で見た方には、是非とも再度みていただければと思う。札幌は5月8日まで公開です。たぶん、あと1回は行くと思う。ゴールデンウィークだし。
 ここしばらくカンボジアものにかかりきりだったのだが、やっぱりインドもいいわあ。前世のどこかでインド人だったのかもという気がする。
【追記】
 結局、3回観に行きました。3回目の感想はこちらに。

|

« カンボジア拾遺(コンビニと物価) | トップページ | 札幌の「南インド屋」でベジミールスとマサラドーサを食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/61514124

この記事へのトラックバック一覧です: 『Kahaani(女神は二度微笑む)』を札幌で観る:

« カンボジア拾遺(コンビニと物価) | トップページ | 札幌の「南インド屋」でベジミールスとマサラドーサを食べる »