« 大世界遺産アンコール・ワット(その2) | トップページ | カンボジアのカラオケ »

タ・プローム

 タ・プロームは、カンボジア国民に絶大な人気を誇る王様ジャヤヴァルマン7世(在位1181-1218ごろ)が母の菩提を弔うために建てた仏教寺院である。

20150403siemreap1

 なんといっても、有名なのはこれでしょう。
 発見当時の姿を保つという意図があるらしいのだが、榕樹(スポーン)というガジュマルの一種が思いっきり遺跡を覆っている。

20150403siemreap2

 くずれているところも多い。
 『トゥーム・レイダー』など映画のロケにも使われているらしい。
 水や風化や植物のような自然の原因もあるとは思うけど、内戦の影響もあるんじゃないかなあ。遺跡ってよく立てこもりに使われてたりするよね、シリアもそうだった。そうして沢山の遺跡が破壊されてしまった。こうやって残って、保存されるのは幸せなことなんだろう。

20150403siemreap3

 しかし、盗掘も多い。お気の毒のきわみ。
 タ・プロームは、アンコール・トムの勝利の門(東門)を出た向こうにある。アンコール・トムは南大門から入ることが多くて、橋の欄干の阿修羅像は首があるものが多いのだが(後から修復されたのもあるけど)、反対側の北大門の阿修羅像はほとんど首がない。目が届かないと、盗られて売られてしまうのだ。
 アンコール・ワットやバイヨンのような中心的な遺跡より、周辺の遺跡のほうが被害は大きいと思う。
 顔だけ売っているクメールの遺物は決して買うまいと決意する。

20150403siemreap4

 無事残っていらして、本当にようございました。

20150403siemreap5

 この寺院は2万人以上の僧その他の人々が住んでいた大寺院だったという。

20150403siemreap6

 樹に覆われても笑っておられる神様。

 一人で静かに歩くといいんだろうなあと思われる場所なのだが、人が見えない写真ばかり載せているけれども、実は、観光客がとても多かった。それも、韓国人と中国人(たぶん大陸)の団体さん。直行便が飛んでいるかららしい。
 特に大陸中国のお客さんは、見所で自分撮りをしまくるので、なかなかちゃんと見られず、ちょと困ったのだった。

|

« 大世界遺産アンコール・ワット(その2) | トップページ | カンボジアのカラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/61379283

この記事へのトラックバック一覧です: タ・プローム:

« 大世界遺産アンコール・ワット(その2) | トップページ | カンボジアのカラオケ »