« カンボジアの「サーカス」Phare | トップページ | カンボジアのカラオケ(その2) »

マンゴーと戦争博物館

20150409siemreap1

 これはマンゴーです。ホテルのサービスで、全貌はこちら
 バナナも龍眼もおいしかったけど、

20150409siemreap2

 さしわたし20センチのこのマンゴー、みずみずしくて美味しゅうございました。

20150409siemreap3

 街にはこんな屋台がたくさんあって、外国人向けの高めの店ですらマンゴースムージー(マンゴーをミキサーで粉砕したもの。マンゴーそのままのとかミルクっぽいのとか)が1.5ドルで飲める(ちなみにビールは1杯0.5ドル)。
 南国カンボジアは、まことにフルーツが美味しいのである。

 ところで、シェムリアップでは「戦争博物館」というところに行った。「国立博物館に行きたい」と言ったのを間違われたという説もあるのだが、前の日のサーカスがクメール・ルージュのやつだったし、まあいいや。

20150409siemreap4

 野外の木立の中に内戦当時の兵器(ソ連製が多かった)が展示してある。

20150409siemreap5

 男子って、どうしてこういうものが好きなんだろう。

20150409siemreap6

 内戦の歴史の説明や地雷の展示もあり、

20150409siemreap7

 地雷探し(ほんとの「マインスイーパー」)の様子や、地雷が爆発した後の展示もあるのだが(「これは死ぬね」と語り合う)、問題はそこではなく。

20150409siemreap8

 実は、生えている木は、全部!マンゴーなんです!この木々全部!
 旬には早くて青いけど。香港の重慶マンションで5月にマンゴーが溢れていたことを考えると、あと1か月ぐらいで、これらのマンゴーは揃って熟れるはずなのである。
 そのさまを思い浮かべると、何とも狂おしい気持ちになる。
 ココナツやマンゴーの木は普通にお庭に生えていて、「ココナツが好き」「マンゴーが好き」と言うと家から簡単にもいできてもらえる。
 なんていいところなんだ。
 ちなみに、青いマンゴーは塩をつけて食べると美味しいそうです。

|

« カンボジアの「サーカス」Phare | トップページ | カンボジアのカラオケ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/61401039

この記事へのトラックバック一覧です: マンゴーと戦争博物館:

« カンボジアの「サーカス」Phare | トップページ | カンボジアのカラオケ(その2) »