カテゴリー「スリランカ旅行:2006年2月」の23件の記事

タイの怪しい日本語

 久しぶりに覗いてみたら、「骨を休めるために土品なバルを」のホテルが、サイトを全面改訂して日本語ページを廃止していた。「ローマのセンタに建ててやりました」とか、無理矢理な日本語が好きだったんだけどなあ。残念である。
 ところで、掟破りの日本語が横行しているのは、タイであろう。タイのむちゃくちゃな日本語Tシャツについては、サイトもあるし本にもなっていたと思うのだが、直接目撃するとやはり衝撃。
 タイの衣料問屋で、爆笑した上、思わず買ってしまった。パジャマである。値切って日本円で450円。

20060323shirt1
 遠目ではこんな感じ。

20060323shirt2
 接近。

20060323shirt3
 さらに接近。

 鴨居まさね 
 電撃ピカリ
 「パーカ」
 かわいくなって学校へ行こう
 さあ、Tシャツワールドへキックオフ!
 自宅でできる
 メスのいらない
 かエライっ!(何が?濁点落ちてるし)
 使える(?)(読めない)
 安い安耳(?)(読めない)…
 
 この字のつぶれっぷりは、どこかの女の子向け雑誌(『Seventeen』か?)をコピーして使ったんだろうなあ。異質なのは、「鴨居まさね」で、この人は、廃刊になってしまった『ヤングユー』に描いていた漫画家さんである。好きなんだけど。
 いずれにしても、これは、外では着られません。
 パジャマだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百聞は一見に如かず(その2)

 旅行の醍醐味は、文字面や映像で間接的にしか知らなかったことが、直接経験できること。「百聞は一見に如かず」というけれど、ほんっとーに、そのとおりだと思う。見ると聞くとは大違い。昔の人は偉いなあ。

 今回スリランカに行って印象的だったのが、イスラム教など南の方の習慣を目の当たりにしたこと。

 まず、空港で、全身真っ黒な人々を見た。
20060315islamic1
 こんな人。
 たぶんサウジアラビアの女性だと思うんだけど、本当にこの絵のとおり(黒手袋もしていたので、露出箇所なし)。郡司みさおさんという方の書いた『ハルム アラビアの夢』(大和書房)という本で(上記の絵もその本から)知ってはいたのだが、目の当たりにすると驚く。オバQかと思った。

 ゴールの朝は「アッラーアクバル!」という声で5:30に起きた。噂に聞くアザーン(イスラム教のお祈り)。ほんとにやってるんだ。そういえば、モスクというモスクにはスピーカーがついていたな。

20060315islamic2
 アザーンが響くゴールの朝。
 モスクと仏教寺院が共存している。

 そして最大のびっくり。お食事中の方、いらしたら、ごめんなさい。南には必ずあるという「手動ウオッシュレット」。水で洗う方式のトイレである。このために左手は「不浄」なのね。
 バンコクのトイレで遭遇して、感動のあまり、入るなりシャッターを切ってしまった。スリランカには、いたるところにある。水が出ないところは手桶が設置されている。水が流れなくても、こっちはほぼ確実に出るので、本来の用途とは別の目的で、しばしば使わせていただいた。

20060bikkuri
 これ。

 長々と続いたスリランカシリーズ、あとで追加はあるかもしれませんが、一応これで打ちとめといたします。思えば、1か月前はスリランカにいたんだよなあ。
 まとめは、どうぞこちらをご覧くださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

百聞は一見に如かず(その1)

 スリランカ旅行シリーズ、あと1回でおしまいの予定です。もう少々おつきあいくださいませ。
 旅行の写真で一番枚数が多かったのは、 お茶畑だったのだが、二番目は田んぼだった。別に田畑マニアというわけではなく、ずっと話だけで知っていたものが直に見られて面白かったの。

20060312tanbo1
 南西部の海岸近くでは青々としているのだが、

20060312tanbo2
 カタラガマから少し北上したあたりから色が変わり

20060312tanbo3
 稲刈りをしている。

 さらに北上すると、
20060312tanbo4
 田植え中。

 どういうサイクルなのかは不明だが、スリランカでは一年中米が穫れるということだろう。暑いし土地も悪くなさそうだし「蒔けば生える」んだろうなあ。雑草も大変そうだけど。1年の半分が冬、という土地から見ると夢のようである。人の気性が違うのも分かる気がする。
 「二期作」という言葉は小学校で習うけれど、本や学校で習うのと実際に見るのは全く違うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何語で喋るか

 スリランカの公用語は、シンハラ語・タミル語・英語の3つである。シンハラ語もタミル語も知らないので、頼りはちょぼちょぼの英語のみ、と思っていたのだが、意外にそうでもなかった。

【日本語】
・ガイドのエランガさん
 やたらに日本語が上手いと思ったら、日本の大学に4年間留学していたそうだ。日本語能力試験1級(英検みたいな感じの外国人向け日本語試験。1級はむずかしい)を持っているとのこと。
・お茶工場のお姉さん
 キャンディの手前の紅茶工場(たぶんGeragamaという農園)で紅茶売場にいたお姉さん。コロンボ大学で勉強したとかで、発音がとてもよかった。
・象乗り場のお兄さん
 キャンディ近くのピンナワラに象に乗せてくれるところがあるのだが、受付のところにいたお兄さんが日本語を話すので、びっくり。大使館で習ったらしい。
・宝石屋のお兄ちゃん
 キャンディの宝石屋で日本語で話しかけてきた。店員さんは全員日本語ができるとのこと。商売そっちのけで話していたのだが、図書館で独学したというわりには、こみいった話ができて偉かった。
・ゴールの日本語の先生
 コロンボとゴールの間で、道端で椰子ジュースを飲んでいたところ(黄色い椰子の実に穴をあけて飲む。ポカリスエットみたい)、突然話しかけてきた。高松で技術研修を1年間して、その後も研修を続け、今はゴールで教えているとのこと。1年のわりには、ものすごく上手かった。連絡くれないかなあ。

20060308scene0
 椰子の実立ち飲み屋。

【英語】
・ウェイターのお兄ちゃん
 コロンボのグランドオリエンタルホテルで朝ご飯を食べて、ポットに紅茶を入れてもらったら、話しかけて止まらない。スリランカにも桜のような花が咲くと言っていた。
・ヤーラ国立公園のレンジャーのおっちゃん
 サファリのジープに同乗したのを幸い、質問しまくった。「象は何頭ぐらいいるの?」とか「孔雀は雌の方が多いの?」とか「あの豹は何歳ぐらい?」とか。豹を見たときは「べーりーらっきー」とガッツポーズを交わしたり。ジープを降りるときには「じゃ降りるからね」と言ってくれたり。ありがとう、おっちゃん。
・宝石屋のおっちゃん
 カタラガマのホテルで、「見るだけ」(これだけ日本語)と言って、ほんとに見るだけで、見せてもらいながら延々と喋る。大阪のカップルが眼鏡を送ってくれると言いながら送ってくれないとぼやいていた。できない約束をしてはいかんなあ。もし心あたりの方がいらしたら、是非送ってあげてください(無理か)。
・貝売り兄ちゃん
 ゴールの手前の海岸で、貝を拾っていると、物売りが来る来る。まず、布売りのおばちゃん、次に貝売りの兄ちゃん。断ると素直に引き下がるのだが、拾っている手の中に、ざらっと小さい貝が登場。見ると貝売りの兄ちゃんだ。「どっから来たの?」「年は?」「結婚してる?」…ナンパかい。いい度胸だ。そこは適当に受け流して津波の話を聞く。
・アウガッラの人々
 アウガッラの難民キャンプの人々。詳細はこちら
・幼稚園の先生とお母さん
 カタラガマで幼稚園に行った。24才の女性が独力で貧しい子供のために開いているところだという。親御さんから1か月100ルピー(100円)だけもらって、洋服は手作り、その中から子供のために貯金もしているとのこと。お金を寄付したら「ブランコが作れる」と喜ばれた。後ろで見ていたお母さんは18才。子供は3才。コロンボからお嫁に来て淋しいそうだ。 

20060308scene3
 カタラガマの幼稚園で。

【媒介語なし】
・ゴールの人々
 ゴールで知的障害者の施設を訪問した。篤志家のご夫婦が個人でやっているところだという。媒介語はまったくないのだが、皆さん平気で話しかけてくるので、こっちも平気で日本語で話す。なんとかなるもんだ。バングルをたくさんしていたので「きれいだねえ」と日本語で言ったら、「はいっ」とくれて驚く。大事にするね。
 そういえば、魚市場のおっちゃんも媒介語なしだったな。
・パラピティーヤの人々
 バスを停めていたら、道路の向かい側で夕涼みをしている人々が身振りで話しかけてくるくる。「クリケットやんない?」とか「降りておいでよ〜」とか。こちらのグループの子供が応対していたのだが、妙な身振りは出てくるわ(あれは、絶対ジャッキー・チェンの「蛇拳」か「蟷螂拳」だと思う)、ギャラリーはどんどん増えるわ。しまいには、訪問先の老人ホームに一緒についてきてしまったのだった。

20060308scene2
 パラピティーヤの野次馬な人々。

 言葉ができると、こみいった話ができて楽しいけれど、できなくても何とかなるものである。
 みなさん、ありがとう。楽しかったよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅茶の王国

 Modern Syntax さんで「今日のラッキーさん」に選んでくださったらしい。というか、管理人さんはBlogPeopleの中の方で、BlogPeopleのランダムピックアップに選んでくださったようなのである。なんだか、誉めていただいたようで、とても嬉しい。ありがとうございます。励みになります。
 もしかして、BlogPeopleから来てくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、主流は香港、お茶、映画多肉植物、美味しい物、その他その日その日のことです。こんなblogですが、遊んで行ってやってくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

 ということで、スリランカネタ(こちらのカテゴリにまとめてあります)の続き(あと2回ぐらいで終わらせる予定)。 
 写真を整理していたら、お茶畑の写真がやたら多くて、自分でも可笑しい。でもね、すごかったのよ。南方から山を登っていくと、

20060307tea1
 こんな山がちの地形になって( 猫のいるレストラン(ホテル)から撮影)、高度が高いせいか植生が北海道みたいなのだが(お茶畑も真ん中へんに見えるけど)、

 ヌワラエリアを過ぎると、

20060307tea2
 道の脇がずーっとお茶畑。
 バスで2時間走っても、山を4つ越えても、山の上から下まで全部!お茶畑。それはそれは広いのである。
 紅茶もよく飲むので、絶対この山のどこかのお茶を飲んでるはずなんだけど、どの樹なんだろう。

20060307tea3
 ときどき、畑の中に紅茶工場があったり。
 観光用の施設を備えているところもある。
 この写真の手前は、きれいに刈り込まれたお茶の畑で、お茶の樹は本来背が高くなるのだが、刈り込んで新芽を出させ、年中摘めるようにしているとのこと。60年に一度ぐらい植え替えるらしい。
 好きで飲んでいる雲南省の山奥の野生茶(記事はこちらこちらあたり)は、こんなに手入れされたものではなくて、その昔栽培されていた樹が放置され、山奥で勝手にすくすく育ったものなんだろうな。

 お茶畑の中をバスで走っていくと、お茶摘みの人々をよく見かけた。プラッカーと呼ばれていて、タミル人が多いらしい。お茶畑に住み込みで、お給料が出て家や学校もあるかわり、1日16キロ積むのがノルマという厳しい仕事なのだが、みなさん、バスを見かけると、にこにこして手を振ってくれるのね。こちらも思わず力いっぱい振り返してしまうので、写真を撮り損なったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生の王国

 スリランカネタ、忘れないうちに、もう少々続けます。すみません、情報が少ない所でもあるので、今しばらくおつきあいくださいませ。

 家畜のことはこちらに書いたのだが、スリランカには野生動物もたくさんいる。

 たとえば、
20060305animal1
 大とかげ。
 見づらいのだが、木の枝で昼寝している。川で泳いでいたりもする。これは、ボートで川を下っているときに見た個体なのだが、ガイドのお兄ちゃんが真剣に捕獲しようとして、船上が軽いパニックになった。
 スリランカには、もう一種類トカゲがいて、そちらは顔が丸いイグアナみたい。老人ホームの前の溝にいたので、写真を撮ろうとしたのだが逃げられ、そこの爺ちゃんに笑われてしまった。

 野生動物が最も見られるのはサファリだと思う。ヤーラ国立公園というスリランカ南部で経験できた。カタラガマという町からバスで15分。ジープで1時間弱。夜明け前に出発なので眠い眠い。

20060305animal2
 孔雀のお兄さん。
 スリランカの国鳥である。数は雌(地味)の方が多いらしい。この季節は雄と雌は別行動のようで、雄は木に止まって「にゃあにゃあ」と鳴いていた。猫か。

20060305animal3
 水牛の親子。かわいいぞ。
 飼われているのもいるが、これは野生。水牛と鹿はたくさんいるので、だんだん有り難みがなくなる。有り難いのは象で、ずいぶん走り回って探してくれたのだが、とうとう見られなかった。一頭だけ、病死した若い象のそばを通ったのだが、笑っているみたいな顔だったなあ。象は200頭ぐらいいるらしい。
 その他、見かけたのは、兎、マングース、ペリカン、猿、コウノトリ、鰐、など。とてもラッキーなことに、豹を見ることができて、同乗していたレンジャーのおっちゃんとガッツポーズを交わす。むっちりして、尻尾がくるんとしてた。おっちゃんいわく「とってもとってもラッキー」だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビにスリランカが

 久々に早く帰ってテレビをつけると、見たことのある風景が。

  NHK 世界遺産の旅 【スリランカ・ゴール旧市街】
 
 ここ、2週間前に行ったばっかりだ。
 ゴールは旧市街と新市街に分かれている。旧市街は、ポルトガルやオランダが支配していた時代の街がそのまま残っていて、古い時代の城壁があったため被害を受けなかったという。さらに、新市街は大きな被害を受けて、その余波が旧市街に逆流したのだが、現在は使われていない古い時代の排水溝があったため水が引き、被害はほとんどなかったとのこと。旧市街は世界遺産に指定されている。
 番組では、津波とからめながら、旧市街が紹介されていた。冒頭、津波のときに撮影されたビデオが出たのだが、そこはバスターミナル。見たところだ。ひょええ。ターミナルの屋根まで水だ。

20060302galle1
 これはバスターミナルの海側にある果物屋さんなのだが、この屋根の高さまで海だったことになる。

 その後、番組では、建物などと合わせて、遺族の方のお話、旧市街でさまざまな宗教の人々が一緒に暮らしている様子や、各宗教合同での津波の慰霊祭などが紹介された。津波からちょうど一年後の同じ時間に、バスターミナルでみんな海の方を向いて黙祷しているところは、胸が詰まった。

20060302galle2
 旧市街。昔のキリスト教会が見える。隣にモスクも。
 (追記:よく見たら、これがモスクでした。アラビア語と三日月がついている。昔は教会だったのかな。「隣にモスク」は記憶違い。すみません)

20060302galle3
 当時のビデオが出たのだが、こんなきれいな海なのに、津波のときは水が濁っていて鉛色だった。

20060302galle4
 城壁には珊瑚が使われている。オランダ人やポルトガル人の指揮でスリランカ人が作ったという。だから、スリランカ人が作ったものとして大切に保存されてきたらしい。
 
20060302galle5
 城壁の上は今では散歩道。山羊もいる。

 再放送は、3月9日(木)1:55〜2:38(深夜)とのこと。
 (変更の可能性もあるので要確認)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーを食べる犬と猫

 スリランカには、犬や猫や牛や山羊がたくさんいる。道端によくいるのは、犬と牛。
 犬は、ほとんどが繋がれていない(1匹だけ繋がれているのを見た)。暑い昼はだらーっと寝ていて、夕方と午前中活動しているみたい。夕方など、飼い主らしき人の側に忠犬っぽく座っていたりしておかしい。夜は道路で寝ていて(暖かいためらしい)、明け方に車で走ってびっくり。轢きそうなんだもの。
 「犬には絶対触らないでください。噛まれたら確率7割で死にます」と言われ、触りたかったのだが、見るだけでがまんする。

20060301dog
 ヌワラエリアで玉ねぎ畑の番をする犬。ヌワラエリアは山の上なので、年中20度前後。お茶も有名だが、玉ねぎ・人参・じゃがいも・キャベツの畑がたくさんあった。高原野菜というやつかな。で、この犬は、道ですれちがうと「うーっ」と言う。玉ねぎ、盗らないってば。畑に入っていったのを見ると、珍しく小屋があって、ご飯を食べていた。
 ご飯入れの中は、豆カレー。いや、私も好きだけどね、豆カレー。スリランカの犬はカレーを食べるのね。

20060301cat1
 エッラというところで昼ご飯を食べたら、テーブルの下に猫が。
 座ると、激しくリクエスト光線を発してやってくる。しかし、野菜は食べないみたい。肉か?しかし、肉はカレーしかないんだけどな。ためしにチキンカレーの骨を外してあげてみると、

20060301cat2
 この勢い。
 さらに、くれくれ攻撃が激しくなったのだが、激辛チキンカレーしか残っていない。ためしにあげると、やっぱり食べた。へっちゃららしい。チキンカレー、完売。
 スリランカでは、犬も猫もカレーを食べるのだなあ。日本の猫まんまみたいなものかな。

20060301cat3
 肉の切れ目が縁の切れ目。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴールの魚市場

 ココログが重くて昨晩は更新できず。新機能より、こちらをなんとかしてほしい。

 スリランカの南西部にゴールという街がある。一昨年の津波で大きな被害を受けたところで、たまたま撮影されたビデオが大きく報道された。街の中をごうごうと海が流れている映像で、見たときには、まさか来ることになるとは思っていなかったな。
 市街地は現在はすっかり修復されているのだが、直後には以前の状態がわからないぐらいの被害だったとのこと。津波のときには、海の水が1キロぐらい引いたので、喜んで魚を獲りに行って犠牲になった漁師さんも多かったのだそうだ。
 ここの海で献花をしてきたのだが、お花待ちの間、魚市場に行った。バスを停めていたところが、ちょうど魚市場の前で、おっちゃんたちが降りて来い来いというのである。
 ちなみに、スリランカでは我々は見るからに外国人なので、バスに乗っていると通行人の皆さんが見る見る。夕方など、道端で夕涼みをしているらしき人々が多いのだが、かなりの確率でこちらを見ていて、目が合うと手を振ってくれたりする。こっちもつい振ってしまう。

20060228ichiba1
 とれとれのインド洋マグロをさばくおっちゃん。

20060228ichiba2
 写真を撮れ!と魚を見せてくれたおっちゃん。

20060228ichiba3
 魚市場には猫がいて、わーい猫だと喜んでいたら、

20060228ichiba4
 ほーら猫だ、と連れてきてくれたおっちゃん。

 おっちゃん、ありがとう。
 無事でよかったね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スリランカの植物

 旅行話の続き。
 スリランカで興味があったのが、「多肉植物はどうなっておるのか」ということ。たしか、地質学的にはマダガスカルに近いはずなので(大陸移動以前は近かったと思う)、自生しているのではないかと思ったのだ。
 行ってみると、多肉植物は、サボテン・アガペ・ユーフォルビアが多かったみたい。

20060226plant1
 ホテルに植わっていた。アガペかなあ。
 この種は道ばたにも植えられていて、子をぶーぶー吹いていた。山の中にも巨大なのが自生しているのを目撃。

20060226plant2
 ホテルの中庭のサボテン。3m近くある。
 根元に小さいセダムの鉢植えもある。山の方(かなり涼しい)の植木屋で、セダムやエケベリアらしき鉢を見かけた。硬葉種が目立つのは、雨が多いせいかなあ。メセンは見られず。サボテンは、屋外にも、にょきにょき生えていた。

 ハワイでもそうだったのだが、熱帯では植物がでかい。日本では観葉植物として鉢植えでちんまり売られているものが、自生していて、とっても巨大。

 20060226plant3
 たぶんポトスの仲間。葉が30㎝以上ある。
 こうやって伸び伸び育っているのを見ると、寒いところで鉢に押し込めているのが申し訳なくなるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お店 | お茶 | お茶:2004年 | お茶:お茶請け | お茶:茶器 | アニメ・コミック | イタリア | インド | インド:2010年3月 | インド:お店 | インド:買う | インド:食べる | ウェブログ・ココログ関連 | シドニー:2009年7月 | スリランカ旅行:2006年2月 | テレビ | トルコ2008年8月 | ニュース | ハワイ:2007年8月 | パソコン・インターネット | 京都 | 動物 | 北京・天津2011年8月 | 北海道 | 台湾:2006年12月 | 台湾:2010年7月 | 台湾:2012年2月 | 多肉植物・園芸・花 | 宇宙 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画(インド) | 映画(中華圏・インド以外) | 映画(中華圏) | | 気になる日本語 | 買い物 | 音楽 | 音楽(中華圏) | 食べたり飲んだり作ったり | 香港 | 香港・中華圏:楽しむ | 香港・中華圏:買う | 香港・中華圏:食べる飲む | 香港:2004年12月 | 香港:2005年12月 | 香港:2007年3月 | 香港:2008年12月 | 香港:2008年3月 | 香港:2009年12月 | 香港:2009年3月之1 | 香港:2009年3月之2 | 香港:2009年7月 | 香港:2010年12月 | 香港:2010年9月 | 香港:2011年12月 | 香港:2011年5月 | 香港:2012年11月 | 香港:2012年12月 | 香港:2012年3月 | 香港:2012年8月 | 香港:2013年11月 | 香港:2013年12月 | 香港:2013年3月 | 香港:2013年8月